京都の里山<京北>に行ってきました

こんにちは。今回は旅日記です。
先日、京都の里山<京北KEIHOKU>に行ってきました!
京都駅から国道を車で走って約1時間。山間の道を抜けて日本海目指して走っていくと、途中「杉林」と小川が走る素敵な田舎が続きます。
ここが「京北」です。

今でこそ京都市内ですが、少し前は京北ということで一つのエリアだったそうです。
そのお隣の<美山MIYAMA>もまた、一つに地区だったそうですが、今はいづれも市内になっているそう。

ここには、昔ながらの藁葺き屋根の自宅が今も残っているエリアで、
生活習慣も、昔のままの部分がたっぷり残されています
もちろん、ところどころ今時な生活も導入されていますが、150年前に建てられた家は、どっしりとした構えで、手直ししているものの、昔の様子が味わえる貴重な建物です

今回は、米国から遊びに来ていた友人夫婦とともに、この京都の「ザ田舎」を堪能すべく、京北に行きました。幸い、京北に多くの人が来てくれるよう活動されているクリエイティブ集団の「里山デザイン」の方達を知っていたこともあり、当日はばっちりガイドをしていただいたおかげで、さらにこのエリアの良さを味わうことができました。息子と将棋したり、みんなでワイワイ飲んだり食べたりしました。ゆるい時間でしたよ。

泊まらせていただいた「五右衛門」さんには、本当に五右衛門風呂がついていた上、ランチをした美山のジビエ料理が楽しめる「田歌舎(たうたしゃ)食堂」さんでは、極上の「鹿肉」が出てきてびっくり。

なんでも、このエリア人口は4000人くらいなのに、鹿は8000頭もいるんだとか。
そして生まれて二週間くらいの子ヤギちゃんに出会い、思わず抱っこさせてもらいました。写真を見た多くの友人から「ハイジのよう」と言われております。

そしてこの街の中心にある「ウッディ京北」。この「道の駅」がかなり侮れない。
野菜から雑貨まで品揃えもなかなかよく、さらにここで購入した「フリーズドライのおしるこ」が美味しすぎて、東京から個人お取り寄せのお願いまでしてしまった。

おしるこネタはまた書きますね。

京北の魅力、知りたい方はここへどうぞ↓
Keihoku-Style

そして次回は是非、こんなスタイルでこの美しい京北/美山を歩きたい!と思ったのでした。

 


てらまち ゆきえ
Funtrapの名で、2005年より米国ロサンゼルスにて取材執筆やコーディネート活動をした後、2013年に帰国。現在国内はもとより、米国、台湾についての情報を発信中。得意分野はファッション、ソーシャルビジネス、食文化、カルチャー全般。Global Press所属。裏原宿全盛期、ファショニスタも唸るカジュアルブランドとして人気を集めた「RESCUE SQUAD」のMD/PRとして、ペールアッシュチームの面々と仕事をした経緯を持つ。

https://www.funtrap.net/

一杯のコーヒーがモチベーションに?!

こんにちは!
日本の初夏らしい、天気と雨模様が交互にやってくる季節になりました

先日パーソナルトレーニングをはじめて、
月に1、2回、体を真剣にトレーニングすることにしました。

ここ数年で、年齢と体型からあちこち不調も出てきましたが
一応数字的には、どこも悪いところはなく
まさに「健康的なただのぽっちゃり」という状況です

もともと華奢なタイプではないのですが
それでも、ホームドクター曰く「太りすぎ」と言われてしまいました
確かに、検査でもやはり10kgは落とすべき指摘されていました
それなので、100歳まで生きるために、ここらで「筋トレ」を始めることにしたのです

で、まず最初にやっていることは「股関節を柔らかくする」ということ。相撲の「四股(シコ)」を踏むところから始めていますよ。

それにしても、体を動かした後のアイスコーヒー、最高ですね
水出しなんて特にいい!

私の最近のお気に入りカフェはここ:

ONIBUS COFFEE OKUSAWA
東京都世田谷区奥沢5-1-4
営業時間 9:00~19:00
定休日 火曜日
TEL 03-6321-3283

こじんまりとしていて、落ち着けますよ

 


てらまち ゆきえ
Funtrapの名で、2005年より米国ロサンゼルスにて取材執筆やコーディネート活動をした後、2013年に帰国。現在国内はもとより、米国、台湾についての情報を発信中。得意分野はファッション、ソーシャルビジネス、食文化、カルチャー全般。Global Press所属。裏原宿全盛期、ファショニスタも唸るカジュアルブランドとして人気を集めた「RESCUE SQUAD」のMD/PRとして、ペールアッシュチームの面々と仕事をした経緯を持つ。

https://www.funtrap.net/

雨の日の親子コーデは【辛口】のブラックリンク

こんにちは
先日、ピアノの発表会にお呼ばれし
子どもたちを連れて、行ってきました

あいにく午後からお天気が崩れた日だったので
事前にジャケット持参のコーデを考えたのですが
せっかくだったので、子どもたちとさりげなくリンクコーデしたいなと企みました!

今回のテーマは、「黒」。

私は、お気に入りのpale-hの赤のシフォンスカートに、
ブラックのタートルネックとジャージのジャケットを。
バッグにも赤を取り入れてみましたが、
べっこうメガネを合わせたことで、
全体のバランスが取れたのではないかと思っています。
Facebookに写真を載せたところ、友人たちからは好評でした♪

子どもたちには、定番のラルフの半袖ボタンダウンシャツと
それぞれグレー系のショーツに、H&Mのレザージャケットというコーデにしました。

3人でまとめると思った以上にかわいい?
自画自賛ですみませんが
こういうお出かけコーデを考えると、
子どもと一緒に「かしこまった」お出かけがしたくなります


てらまち ゆきえ
Funtrapの名で、2005年より米国ロサンゼルスにて取材執筆やコーディネート活動をした後、2013年に帰国。現在国内はもとより、米国、台湾についての情報を発信中。得意分野はファッション、ソーシャルビジネス、食文化、カルチャー全般。Global Press所属。裏原宿全盛期、ファショニスタも唸るカジュアルブランドとして人気を集めた「RESCUE SQUAD」のMD/PRとして、ペールアッシュチームの面々と仕事をした経緯を持つ。

https://www.funtrap.net/

Be Good!ファッションこそダイバーシティーであるべき

こんにちは!だいぶ暖かくなってきましたね。

先日「Sustainable Brands Conference 2018 Tokyo」という国際会議に出席してきました。

この会議、米国発の会議で、企業やブランドが「持続可能な社会作り」のためにどんなことができるかっという話しをする場です。ちょっと固い話しかもしれませんが、ファッションの世界も決して遠い話しじゃないんです。

ぽっちゃりがポジティブに生きられる社会!それこそ「Diversity(ダイバーシティー)な社会」と言われています。ありのままのその人が、自然に生きられるために、洋服ブランドはさまざまな商品や、サイズを提供すべき、という考え方にもつながっていくんです。

pale-hのお店があるマルイさんは、そんなサステナブルな世界を目指している企業のひとつなんですよ。

そして2日間の会議中、私はひたすら「私にとってのグッド・ライフってなんだろう」と考えていました。

突き詰めて出た答えが、「毎日笑って過ごせること」。家族や、友人や、お仕事仲間と笑って食事ができること。

pale-hのブロガーとしては、ブログやイベントを通じてお一人でも、ブログを読んでハッピーな気分になって下さることができるように、これからもBe Goodなお話しを発信していきたいと思います。

ご意見、ご感想がある方は、是非pale-hのInstagramからお願いします!

写真は先日ガールズナイトをしたペニンシュラホテルPeter‘s Barから見た夕焼けです。きれいだった〜


てらまち ゆきえ
Funtrapの名で、2005年より米国ロサンゼルスにて取材執筆やコーディネート活動をした後、2013年に帰国。現在国内はもとより、米国、台湾についての情報を発信中。得意分野はファッション、ソーシャルビジネス、食文化、カルチャー全般。Global Press所属。裏原宿全盛期、ファショニスタも唸るカジュアルブランドとして人気を集めた「RESCUE SQUAD」のMD/PRとして、ペールアッシュチームの面々と仕事をした経緯を持つ。

https://www.funtrap.net/

『私はラブ・リーガル』の世界

©Wikimedia Commons

あっという間に春を通り越して初夏のような季節到来。
雨が降るとまるで梅雨?という気候になってきました。

涼やかなファッションも楽しめるようになってきた今日この頃ですが、
Pale-hにも、たくさんの新作アイテムが登場していますよ

さて、ゴールデンウィーク。今年は旅行に行く予定がないので、少しいつもよりもゆっくりとした時間を過ごせました。

テレビが大好きな私にとって、休暇は溜まっていた録画や、見てみたかったドラマを見る時間に使うことも。

見たいと思っていた海外ドラマの一つに、「Drop Dead Diva(邦題:私はラブ・リーガル)」があります。

ストーリーは、交通事故死したお気楽なモデルが、ファッションに興味のないぽっちゃりの敏腕女性弁護士の乗り移って人生をやり直すというお話し。キム・カダシアンが登場するシーズンもあります。

主人公ジェーン・ビンガムを演じる女優のブルック・エリオットは、ブロードウェイでも活躍する舞台女優でもあります。

普段のブルックのコーデ、まさにpale-hっぽいって思いませんか?

彼女のTwitter、ぜひ覗いてみてください

私がもし、ブルックのスタイリストになったとしたら。。。

キャンディースリーブのトップスや

モックロディのセットアップなんていいのでは?

ぜひこんなコーデを提案してみたいです


てらまち ゆきえ
Funtrapの名で、2005年より米国ロサンゼルスにて取材執筆やコーディネート活動をした後、2013年に帰国。現在国内はもとより、米国、台湾についての情報を発信中。得意分野はファッション、ソーシャルビジネス、食文化、カルチャー全般。Global Press所属。裏原宿全盛期、ファショニスタも唸るカジュアルブランドとして人気を集めた「RESCUE SQUAD」のMD/PRとして、ペールアッシュチームの面々と仕事をした経緯を持つ。

https://www.funtrap.net/

春だ!コーデを学ぼう②

前回に引き続き、コーディネートのお話しです。大人女子的に外せないコーディネート本は、スタイリストの大御所、大草直子さんの「大草直子のStyling Book」。彼女のコーディネート参考書として、最初に出版されたものです。すでに2号目も出ていますし、他にもコーディネートの本を出していらっしゃいます。

私は個人的に「ハンサムコーデ」と言われるどちらかというかかっこいい系のコーディネートが好きなので、大草さんの提案からいつも学んでいます。レザージャケットやトレンチコートをさっと着こなすのが好きですし、デニムを上手に着こなしたい!という思いも強いので、この本は私にとってバイブル的存在です。

pale-hのアイテムも、カテゴリー的には女性らしいさをキープしつつ、かっこよくスマートなコーデがしやすいアイテムが多いですよね。

続きを読む →

春だ、コーデを学ぼう!①

すっかり暖かくなって気分もおしゃれしたい!と思う今日この頃。今日は私がお買い物に行く前に、参考にするコーディネート本をいくつか紹介します。

最近手に入れたばかりのコーデ本、スタイリストの大瀧彩乃さんの「ぽっちゃり女子のファッションbook」。

渡辺直美さんのスタイリストとして知られる大瀧さんが、プラスサイズ女子のために書いたコーディネート参考書です。

小物使いや、髪型まで書かれています。体型タイプ別の写真が載っているので、バランスの勉強にもなりますよ。

続いて、カラーバリエーション、素材感などについて私が今一番参考にしているのがこの本。

続きを読む →

アプリ「WEAR」は毎日アップデートされるコーデの参考書

17日(火)に最終日を迎えた大阪・うめだの阪急百貨店のポップアップストア。写真のように涼やかな初夏向けのコーディネートアイテムも登場していました。

さて、コーディネート。ここ最近のポストで、私があれこれコーディネートの参考書を読んでいる、ということは書いたのですがさらにこのところ私がよくチェックしているのが、「WEAR」というアプリです。

ウェブサイトでも見れるのですが、スマホに落としたアプリをちらっちらっと移動の合間にチェックしています。

プラスサイズ、ぽっちゃりのWEARユーザーさんもいるんです
中でもラファモの「ももさん」は、WEARでのフォロアー数1.6Kを超える人気WEARISTA(ウエアリスタ)の一人です。

momo.さん
http://wear.jp/pochami1219/

その他に、個人的に気になってフォローさせてもらっているのが

yui.さん
http://wear.jp/kokokuyama/
ドレッシーなコーディネートから、カジュアルなデニム系コーデまで
ご自分のサイズ感をよくわかっている方なのだな、という印象です
また私も着物を着るので、お着物の小物使い(帯と帯締め、帯揚げのバランスなど)もとても参考になります!

そして親子コーデをあげていらっしゃる

そらのすけさん
http://wear.jp/pochami1219/
トップスとボトムのコーディネートバランスがとても上手な方だな、と
いつも感心している方です。
ビビッとカラーのコーデもとても上手!息子さんとのリンクコーデは
本当に素敵なものが多いです

もっともっときっとWEARには素敵なコーデを紹介している方もいることと思います
まだpale-hのアイテムがWEARに投稿されていないので、これまではview専門だった私も、そろそろアップしてみたいと思っているところですよ

ぜひこの人のコーデ、素敵だよ!という情報など
教えてくださいねっ

ペールアッシュ

さらに、このブログで取り上げて欲しい内容、コーデのお悩み、「このアイテムを持っているのだけれど、どんなコーデがおすすめ?」といった質問などがあれば、お気軽にメッセージお願いします。ブログの感想でもいいので、お待ちしています。


てらまち ゆきえ
Funtrapの名で、2005年より米国ロサンゼルスにて取材執筆やコーディネート活動をした後、2013年に帰国。現在国内はもとより、米国、台湾についての情報を発信中。得意分野はファッション、ソーシャルビジネス、食文化、カルチャー全般。Global Press所属。裏原宿全盛期、ファショニスタも唸るカジュアルブランドとして人気を集めた「RESCUE SQUAD」のMD/PRとして、ペールアッシュチームの面々と仕事をした経緯を持つ。

https://www.funtrap.net/

阪急うめだポップアップストアオープン!
17日(火)まで

こんにちは
pale-hのお店が、大阪でオープン中です。

4/17(火)まで、 阪急うめだ本店 6F にある大きいサイズ婦人服『プリュス」内にて、 ペールアッシュ・ポップアップストアが開いています。

期間中、2点以上お買い上げの方に、堂島ロールで有名なモンシェール特性ペールアッシュロゴ入りクッキーセレクションをプレゼント致します。
(数量限定のため、無くなり次第終了致します。)

ぜひこの機会に阪急うめだ本店まで 遊びにいらしてください♪

阪急うめだ本店
営業時間
日~木曜日 午前10時→午後8時
金・土曜日 午前10時→午後9時

〒530-8350
大阪府大阪市北区角田町8番7号
電話:06-6361-1381

 

食レポfromカリフォルニア。美味しいものには目がない!

カリフォルニア料理が大好きな私。旅の醍醐味はやっぱり食よねと今回もあれこれ食べてパチっとしています。

ケールのサラダは、日本ではなかなか食べられないサラダ。米国在住時代から、私の大好きなメニューの一つです。この日はシーフードレストランに行ったので、サーモンを乗せてもらいました。

サンタモニカにあるこのお店「Blue Plate Oysterette」は夫の大好きな場所。以前と少しメニューが変わっていましたが、オイスターのおいしさは変わらず。やっぱり美味しいねとなりました。

さらにロサンゼルスから、南下してサンディエゴへ。

サルサ&チップスは、海辺の高級住宅地「Del Mar(デルマー)」にある「ポセイドン」

Poseidon Restaurant

グアカモレというアボガドのディップもついてきます。絶品^_^

下の写真は、ビーチタウン「Solana Beach(ソラナビーチ)」にある朝食スポット「T’sカフェ」のワッフル!奥にちらっと写っているのはBloody Mary(ブラッディマリー)。休日は朝からキューっというのが、私の周りのカリフォルニアンたちです。

T’s Cafe Solana Beach

ちなみに米国では、営業時間が朝7時くらいから午後3時くらいまでのBreakfast Spots(ブレークファーストスポット)というまさに「朝食屋さん」がいくつもあります。

パンケーキやトースト、ワッフルやフルーツといった朝ごはんですが、絶品の店は早朝から並ぶほど。ハワイのパンケーキ屋さんなどはその典型ですねっ。

T‘sはほどよい混み具合でそれでいて美味しい!嬉しい限りです。

<pale-hポップアップストアスケジュール>
4/11〜4/17 阪急うめだ本店ポップアップ(開催中!)本館6F大きいサイズ婦人服『プリュス』内

5/16〜5/22 丸広百貨店 川越店ポップアップ
5/23〜5/29 名古屋高島屋ポップアップ
6月以降で京都伊勢丹でもポップアップ開催予定です


てらまち ゆきえ
Funtrapの名で、2005年より米国ロサンゼルスにて取材執筆やコーディネート活動をした後、2013年に帰国。現在国内はもとより、米国、台湾についての情報を発信中。得意分野はファッション、ソーシャルビジネス、食文化、カルチャー全般。Global Press所属。裏原宿全盛期、ファショニスタも唸るカジュアルブランドとして人気を集めた「RESCUE SQUAD」のMD/PRとして、ペールアッシュチームの面々と仕事をした経緯を持つ。

https://www.funtrap.net/