寒〜い冬!雪だるまと手作り時短お菓子でハッピーモード

突然の積雪、驚きましたね〜
でも子どもたちは、降り積もった雪を見て大喜び

私は3歳の息子にせがまれて、黒豆の目とにんじんの鼻を持ったスノーマン(雪だるま)を作りましたよ

なんだかそれだけでほっこりしますね

さて、、、

最近「時短クッキング」に一層力を入れております
特に長男の当校後、次男の登園前の1時間で
その日のおやつを作る!ということに燃えているんです

きっかけは子どもたちが市販のおやつに
やや中毒気味で、長男などは学校の帰り道に
売店で小腹を満たせるものに手を出すようになってしまいました

それで、同じクッキーでも母の手焼きと、市販のものでは中身がだいぶ違う!と改めて気づき、気合を入れて作るようになったわけです

最初に作ったゴマのクッキーは、以前「滋養おやつ教室」で習ったおやつレシピ。これまでレシピを使って実際に作ってみていなかったのですが、やってみたらあら簡単。

このレシピは、卵も、バターも使っていないもので、生地を寝かす必要もないので、本当にものの30分で作れてしまうんです。

クッキーはこれまでもよく作っていましたが、15-30分ほど生地を冷蔵庫で寝かすなど、何かと時間だかかっていました。それだけに、このレシピのスピード感には感激しました。

これがきっかけとなり、自分なりに子どもたちの要望を聞きながら改良して、生み出したのがこれ!

ココアパウダーを使ったクッキーです

早速クックパッドにレシピをあげてみたところ、大反響!

計り不要!簡単高速ココアクッキー

よかったら皆さんも作ってみてくださいね

 

その他に、ココくんのチョコ味シリアルを使って作る「マショマロいらずのシリアルクリスピー」も、美味しいですよっ。チョコ味なので、バレンタインにもぴったりかも!

簡単マショマロいらずのライスクリスピー

特に、クッキーは子どもたちもすっかりハマって
私はほぼ1日おきにクッキーを焼いています!

それにしてもこの寒さ。
オーブンで焼くクッキーは、心も体もほかほかにしてくれますよ

手作りな分、砂糖類などの甘みの分量も少なめ。
罪悪感低めの、ギルトフリーなおやつを手作りで。
オススメです。


てらまち ゆきえ
Funtrapの名で、2005年より米国ロサンゼルスにて取材執筆やコーディネート活動をした後、2013年に帰国。現在国内はもとより、米国、台湾についての情報を発信中。得意分野はファッション、ソーシャルビジネス、食文化、カルチャー全般。Global Press所属。裏原宿全盛期、ファショニスタも唸るカジュアルブランドとして人気を集めた「RESCUE SQUAD」のMD/PRとして、ペールアッシュチームの面々と仕事をした経緯を持つ。

https://www.funtrap.net/