ロートレックとファッションを楽しむ

お天気のよかった週末、久しぶりに美術館に足を運びました

pale h’のショップがある有楽町マルイからも、徒歩で7、8分のところにある
三菱1号館美術館」です。

現在「パリ♥グラフィック ロートレック展 アートになった版画・ポスター」開催中なんです。私はすごーいロートレックのファン、というわけではありませんが以前ロートレックのダイアリーをいただいたことがあり、馴染みがあります。

さらに、アパレルの企画をしていた時代にロートレックやこの時代にポスターに使われているレタリングや構図から、インスピレーションを受けた記憶があります。

幸い、一緒に訪れたのはアパレルの仕事をしていた時の後輩。
美大出身でロートレック好きの彼女から、ちょっとした知識を教えてもらって
鑑賞が充実したものとなりましたよ。

美術館の仕掛けもよく考えられていて、展示室基本は写真NGなのですが
一つのお部屋だけはフラッシュなしの写真OKということで、
写真をおさめることができました。

建物自体もとても趣があって、素敵。
中庭側も、緑いっぱいの空間でとても気持ちがよかったです。

美術館に行くようなのんびりとした日には、
ちょっと辛口めのこんなコーディネートがオススメ。

シャーリングニットワンピース X レザーライダースジャケット

MOIST天竺カーディガン X チェックスリットタックワイドパンツ

皆さんも、おしゃれに素敵な冬のウィークエンドをお過ごしください!


てらまち ゆきえ
Funtrapの名で、2005年より米国ロサンゼルスにて取材執筆やコーディネート活動をした後、2013年に帰国。現在国内はもとより、米国、台湾についての情報を発信中。得意分野はファッション、ソーシャルビジネス、食文化、カルチャー全般。Global Press所属。裏原宿全盛期、ファショニスタも唸るカジュアルブランドとして人気を集めた「RESCUE SQUAD」のMD/PRとして、ペールアッシュチームの面々と仕事をした経緯を持つ。

https://www.funtrap.net/